慶希処AMATERRACE店主ブログ

東京大神宮参道に2019年にオープンした、新ジャンルしっとり系蜜芋パウンドケーキのお店「慶希処AMATERRACE」店主ブログです。皆様に体に優しくて、とびっきり美味しい慶希をお届けしたい!美味しいほっこり情報と、東京のお伊勢さま「神楽坂・飯田橋」の周辺お役立ち情報などお届けして参ります。

<おかげさまで1周年>

慶希処AMATERRACEです。

 

7月1日で慶希処AMATERRACEは、おかげさまをもちまして開店1周年を迎えることができました。

 

本当にありがとうございます!!!

 

思い返せば1年前、たくさんの方々のご協力とお支えのもと迎えたドキドキの開店初日、たくさんの方にお祝いと応援にかけつけていただいたことを昨日のことのように思い出しました。

f:id:keikidokoro:20200701111953j:plain

f:id:keikidokoro:20200701112006j:plain

 

お越しいただいたお一人お一人の優しい表情、あたたかいお言葉、励ましのお言葉が胸に去来し、やはり節目の時、次々と思い起こされ胸にあたたかさが広がってまいります。

 

普段は思い出すことはないのですが、確実にこの1年間の私を支え続けてきてくれたことを実感いたします。

 

また、一期一会でもご来店いただき笑顔を見せてくださったお客様、

常連様として当店を信頼して何度もご来店くださるお客さま、

ネットにて当店を選びご購入いただいたお客さま、

いつも笑顔で挨拶をしてくださるご近所のみなさま、

時には急なお願いにも精一杯対応してくださる業者の皆様、

共に一生懸命働いてくれるスタッフのみんな、

ありとあらゆる面でご協力くださるグループ会社の皆様、

いつも大きな心で導きご指導くださるオーナー様、そしてオーナーの奥様、

常日頃から支えてくれる主人、家族、

本当にたくさんの、たくさんの皆様のお陰様をもちまして一年間を駆け抜けることができましたことを心より感謝申し上げます。

 

与えられているあまりにも恵まれた環境の中で、本当に充実した毎日を過ごさせていただいている私は本当に幸せ者です。

 

もう一年、しかしまだ一年、初心を忘れず、「お菓子を通して世の中に喜びと感動をお届けする」をモットーに、これからも真心を込めて安心でおいしい「慶希」を皆さまにお届けできますよう、より一層精進してまいります!

 

今後とも慶希処AMATERRACEをどうぞよろしくお願い申し上げます。

 

f:id:keikidokoro:20200325111727j:plain



<新商品の撮影に行ってまいりました>

慶希処AMATERRACEです。

 

いつもお読みいただきありがとうございます。

 

先日、新商品の撮影に行ってまいりました!

 

3か月に一度の【季節限定商品】。

冬季は「ココアの慶希」、

春季は「レモンの慶希」とリリースしてまいりました。

 

7月1日からはいよいよ夏季限定「〇〇の慶希」発売開始となります!

夏にみずみずしくお召し上がりいただける一品が完成いたしました!

f:id:keikidokoro:20200610124040j:plain

 

ご期待くださいませ!

 

また、「レモンの慶希」も大変ご好評いただいておりますが、

いよいよ6月末日までと残りわずかとなってまいりました。

 

f:id:keikidokoro:20200610124636j:plain

f:id:keikidokoro:20200610124641j:plain

 

香り高い淡路島産レモンを余すところなく慶希に閉じ込め、トルコ産無添加あんずを散らしました。当店の慶希の中で一番香り高い慶希に仕上がっております。レモン果汁の爽やかな酸味と、レモンピールのほのかな苦味、あんずの優しい甘みが蜜芋の生地と調和し、しっとり濃厚な口当たりをお楽しみいただけます。


ぜひ、一度お試しいただけましたら幸いです!

 

オンラインショップ
https://www.cake-amaterrace.jp/

Instagram
https://www.instagram.com/keikidokoro/

#慶希処AMATERRACE #東京大神宮 #飯田橋 #慶希 #東京土産 #東京限定 #贈答用 #手土産 #最高級 #パウンドケーキ #千代田区 #スイーツ #安心 #こだわり #手作り #新ジャンル #しっとり #蜜芋

<もうすぐ父の日>

慶希処AMATERRACEです。

 

本日より6月がスタートいたしましたね。

今年も早くも折り返しとなり、月日の速さに身が引き締まる思いがいたします。

 

そして、6月といえば「父の日」ですね!

 

f:id:keikidokoro:20200605161954j:plain

 

個人的な話にはなりますが、父との思い出を少しお話させていただきます。

 

私の父は、幼少期から単身赴任で、ともに過ごした時間は多くはありませんでした。

しかし、月に1、2回家に帰ってきてくれる時には必ず絵本や本を買って帰ってきてくれました。

 

父から渡された本はすべてが面白く、小さいころから読書の喜びを知り、現在においても本を読む習慣があるのは父のおかげです。

 

また、小学生時代は帰ってきたときには必ずと言っていいほど、公園やスポーツ施設に連れて行ってくれ、ありとあらゆるスポーツを教えてくれました。

 

バスケ、サッカー、水泳、卓球、バトミントン、テニス、野球、スケート、アイスホッケー、ゴルフ、、家には剣道の竹刀や、ラグビーボールまで置いてあり、スポーツ万能だった父と、同じく運動神経のよかった兄と三人で楽しくも真剣に走り回っていた小学生時代は、おかげさまで学校での運動は一通りのことをこなすことができ、ちやほやされていたのですが、今思えば父の教育と愛情の賜物です。

 

現在においても、健康で本当に風邪ひとつひくことなく仕事に打ち込めているのも、小さいころから鍛えてくれ、運動の習慣を父が身につけてくれていたからだと感謝しています。

 

普段は父の仕事をする姿を見ることもなく、当時は父が仕事を頑張ってくれているおかげで自分が学校へ行き、ご飯を食べ、生活をさせていただいていることなどなにも知りませんでしたが、一度父の実家の書斎(仕事部屋)を除いたとき、本棚に囲まれた空間、山積みになった本、何とも言えない厳粛な空気に圧倒されたのを覚えています。

 

しかし、そんな空間の中、パソコンの横には兄と私の写真が飾られていました。

何とも言えない感慨に打たれ、今でもその光景を思い出すと涙がこみあげてきます。

(現在も写真は飾られているので、たまに帰省した時に写真を見てはひとり涙ぐんで父の愛情を感じています照)

 

そして、デスクやデスク周りに貼ってあった言葉は、ナポレオン・ヒルの「思考は現実化する」のポイントや、ありとあらゆる偉人と言われる方々の格言でした。

 

個人事業主の父は、今思い返せばいろいろな仕事に挑戦し、きっとたくさんの苦労があったのだと思います。そんな父を支えていたのが偉人たちの思想や言葉だったのだかもしれないなと今は感じるものがあります。

 

そんな尊敬するしかない父です。本当に家族のために、一生懸命働いてくれていたことに心から感謝しています。

 

父から受けた愛情、父の恩はあまりに深く大きく、親孝行して恩返しをと思っても「父の日」や「誕生日」に何か贈り物をするくらいで、本当に何も返せない、返しきれないというのが本音です。

 

しかし、それでも父は何も求めずにただただ私たちの成長を見守り、喜んでくれます。

それは、いい年になった今でも変わることはありません。

 

現在においても、年に一度帰省するかしないかで、自由にさせていただいていますが、会わずとも父の愛情を感じることができる私は本当に幸せだと思います。

 

少なくとも、父に恥じない毎日を一生懸命生きていきたい。

 

そして、折角の「父の日」は、数少ない感謝を伝える大切な機会として、今から準備をしたいなと思っています。

 

「お父さん、いつも本当にありがとう」

 

※「父の日」というイベントを通して、日本国中の「お父さん」たちが幸せな時間を持つことができますように。そして、喜ぶお父さんの姿を見て、家族があたたかくも幸せな時間を共有することができますように。

 

 

 

 

 

 

<心にゆとりと安らぎを>

慶希処AMATERRACEです。

 

今日は大変気持ちのいいお日柄ですね!

 

太陽の光の暖かさに心もほっこりと癒される心持がいたします。

 

世の中は様々なことがあり、なかなか心安らがない時を過ごしておられる方も多いかと思いますが、少しだけでもお日様を浴びてリフレッシュする時間を持てるといいですね。

 

ダ・カーポさんの曲がふと思い出されました。

f:id:keikidokoro:20200421121740j:plain

 

--

野に咲く花のように 風に吹かれて

野に咲く花のように 人をさわやかにして

そんなふうに僕たちも 生きて行けたら 素晴らしい

時には暗い人生も トンネル抜ければ夏の海

--

 

外出自粛のこんな時だからこそ、お気に入りの曲に心ゆだね、心穏やかな時間を過ごしてみてもいいですね。

 

慶希処AMATERRACEでは、今日もありがたいことに全国各地に慶希を発送させていただきます!

 

真心を込めて作った慶希が、皆様のもとに無事に届き、皆様の癒しや元気となりますように。

 

皆様の健康と幸福を心よりお祈り申し上げます。

 

 

 

 

 

こだわり食財<よつ葉無縁発酵バター>

慶希処AMATERRACEです。

 

昨日の大雨から一転、東京は素晴らしい晴天に恵まれました!

 

f:id:keikidokoro:20200414125715j:plain

 

東京大神宮もいつにもまして清々しい空気が満ちているように感じます!

 

さて、本日ご紹介する“こだわり食材”は、北海道《よつ葉無塩発酵バター》です。 

 

f:id:keikidokoro:20200414122708j:plain

 

--

よつ葉乳業は北海道の酪農家が生産した良質な生乳を原料に、おいしく安全で高品質な乳製品を作り続けています。

 

北海道の良質な生乳に乳酸菌を加えて発酵させた風味豊かな無塩バターは、

北海道十勝の大自然が育んだミルクの味わいとコクが活きた贅沢な味わいです。

よつ葉乳業、創業50年以上、ずっと作り続けている安心のおいしさです。

--

生産者様の皆様のおかげさまをもちまして、私たちは毎日おいしい慶希(けいき)を焼くことができます!

 

直接お礼を伝えることはできませんが、素財への感謝、生産者様のみなさまへの感謝を忘れずに、真剣勝負で心を込めた商品づくりに取り組ませていただきたいと考えております。

 

いつも本当にありがとうございます!

 

f:id:keikidokoro:20200414123637j:plain

 

オンラインショップ
https://www.cake-amaterrace.jp/

#慶希処AMATERRACE #東京大神宮 #新名菓 #飯田橋 #神楽坂 #縁結び #手土産 #最高級 #パウンドケーキ #蜜芋 #芋 #北海道 #よつ葉バター #発酵バター #スイーツ #安心 #こだわり #手作り  

 

ご入学・ご入社おめでとうございます!

慶希処AMATERRACEです。

いつもお読みいただきありがとうございます。

新年度がスタートいたしましたね。

新入生、新社会人の皆様、ご家族の皆様、本当におめでとうございます!

東京は今、桜が満開です。

祝福を感じますね!

昨日の大雨、大雪にも負けず咲き誇る桜の姿、自然の景観に本当に元気をもらいます!

f:id:keikidokoro:20200402143104j:plain

 

ふと宮沢賢治詩編を思い出しました。

--
雨にもまけず

風にもまけず

雪にも夏の暑さにもまけぬ

丈夫なからだをもち

欲はなく

決して怒らず

いつも静かに笑っている
--

いろいろなことがありますが、とにかく1日1日を元気に前向きに生きていきたいものです!

新生活を迎える皆様も、それぞれの持ち場でしっかりと花咲き、毎日明るく元気に過ごせますように!

応援してます!!

(オンラインショップ)
https://www.cake-amaterrace.jp/

Instagram
https://www.instagram.com/keikidokoro/

# #入学 #入社 #おめでとう #新入生 #新社会人 #祝福 # #レモン さわやか #国産レモン #無農薬 #皮まで食べれるレモン #あんず #慶希処AMATERRACE #東京大神宮 #飯田橋 #慶希 #東京土産 #東京限定 #手土産 #贈答用 #最高級 #パウンドケーキ #蜜芋 # #スイーツ #安心 #こだわり #手作り

こだわり食財<無添加有機黒糖>

慶希処AMATERRACEです。

 

本日のご紹介する”こだわり食財”は、種子島の《日昇製糖 無添加有機黒糖》です。

 

f:id:keikidokoro:20200331115924j:plain

日昇製糖の黒糖は、有機栽培・無農薬のさとうきびを原料にし、あくとりや撹拌などすべての工程を手作業で行い、昔ながらの製法で作られている本物の黒糖です。

 

サトウキビの種類も、手作りの黒糖作りに一番合っていると言われている在来種を使用するなど、原料の栽培から商品の完成まで、すべての工程に徹底したこだわりをもって生産されています。

 

そのため、生産できる量は多くなく、製法を守って注文に対応できるだけの量を出しているという大変貴重なものです。

 

 深いコクのある甘味と豊かな風味、すっきりとした後味の黒糖は、当店の慶希に

自然な味わいを壊すことなく、甘味と深みを足してくれます。

 

 

黒糖の風味を一番お楽しみいただけるのは「くるみの慶希」。

中にもたっぷりと入ったくるみと蜜芋と黒糖の生地の相性は抜群です。

 

ざくざくとした食感も楽しく、ついつい手が止まらなくなってしまう「くるみの慶希」ですが、こだわり抜いて作られた黒糖(種子島のサトウキビ畑)を感じながらご賞味いただくと、より一層の味わい深さをお楽しみいただけることと思います。

 

f:id:keikidokoro:20200331123626j:plain

くるみの慶希 ¥4,000(税抜き)

 


オンラインショップ
https://www.cake-amaterrace.jp/


#慶希処AMATERRACE #東京大神宮 #黒糖 #日昇製糖 #蜜芋 #芋 #パウンドケーキ #和パウンドケーキ #秋 #スイーツ #安心 #こだわり #飯田橋 #神楽坂